SERVICE

企業の中の人事部は、どの立ち位置にありますか?

実は、経営から見た人事部と現場から見た人事部では、求められる役割が違います。経営からは「数値」、すなわち採用目標の人数や社員のエンゲージメント、離職率、一人当たりの売上、など数値が求められます。

一方、現場からは「感情」、すなわち自分たちの思いを聞いて経営にぶつけてほしい、という思いを持っています。

人事部は経営と現場の間に立って身動きが取れなくなり、機能不全の状態になってしまう。その結果、経営と現場の間にギャップが生じてしまうのです。そんな中で人事部は見えている範囲の中で、採用戦略や、フォロー、人事評価制度など状態の改善に努めています。

事業の拡大に合わせて組織も拡大しますが、たくさんの課題が生じてきます。組織上の課題は人事部だけだと限界があり、組織成長が遅れてしまいます。

そこで私たちが提唱しているのが、CHROの役割です。

 

<CHROとは>

CHRO(Chief Human Resources Officer:最高人材リソース責任者)は、CEOが描く世界観・在りたい姿・思いを実現するために事業と組織を繋げる責任者です。CHROはCEOの経営パートナーとして、事業成長を促す組織成長を実現することにコミットします。

創業時の思いやアイデンティティ、未来の時点での在りたい姿、解決したい社会課題。これらを把握し、企業の独自の価値観をベースに人事戦略に落としていきます。また、組織が拡大していくとCEOの声が届かなくなっていきます。創業時からの歴史(=存在意義)・CEOの思いを、代わりにメンバーに届け続けるのもCHROの役割です。

 

RECOMO X

RECOMO Xは経営レベルから考え、役割に責任を持ち、「人の可能性・価値を最大化」を目指し最もバリューを発揮できる機能化/体制化/内製化まで提供します。

社内メンバーだと社内政治や利害関係・評価等の諸問題に左右され、本音を出し合えないことが起りがちですが、私たちは役割にコミットメントしているため、言うべきこと・やるべきことを行い、与えられた役割の責任を果たします。
そのため、魂をぶつけ合いながら本気で共創していくCEOと、パートナーを組ませていただいております。

会社の成長はCEOの器で決まります。
CEOのバリューが発揮できる部分以外をRECOMO Xで実行し、CEOがやるべき仕事に集中できる体制づくりを行います。

企業の持続的な成長には会社の根幹となる部分を経営レベルから変え、未来に向けた動きをしながら、機能を仕組化/体制化を実現させていきます。
現時点でプロダクトやサービスが固まっていなくても、当サービスのCxOチームが入ることで、未来のありたい姿・ビジョンから逆算して、事業・文化・組織の設計を実現することができる。

これがRECOMO Xの強みです。

組織成長に課題を感じている経営者の方は、お気軽にご相談ください。

RECOMO X

PAGE TOP
Scroll Up