企業理念の柱は経営者の原体験からやってくる

「表面的でカッコ良く見られたい」からと、どこかの企業で使われている言葉を「企業理念」と据えたり、会社の仲間がその思いや意味を誰も知らない、なんてこともあります。 経営者の原体験をベースにした企業理念は、深みがあり、ストーリーとなって人の心に響きます。 それが浸透していくことで、「自分たちは何者なのか?」「どこに向かっているのか?」「どうありたいのか?」の価値基準ができるので、意識を一枚岩にした強い企業ができていきます。

お役立ち資料Document

お問い合わせContact